便利な生活

集合住宅

椅子とは、座るために使う道具です。
床に座る時は、しゃがみこむ動作と、立ち上がる動作をする時に、足腰に負担がかかります。
また、床に直接座るともたれるところもありませんし、座布団でも敷いていなければお尻が痛くなることもあるでしょう。
しかし、椅子に座ると、これらの負担を軽減することができます。
例えば、高さのある椅子であれば、床に座り込む時よりも足腰にかかる負担が少なくなります。
また、背もたれがついている椅子であれば、疲れてきても寄りかかることができますから、床に直接座るよりも、椅子に座る時の方が楽な姿勢を長く保っていられるのです。

そして、椅子とお尻が接する面のことを座面と言いますが、同じ椅子を長く使っていると、座面の張地が擦り切れてしまうことがあります。
これは、いつも同じ場所に座ることで、座面の同じ部分に体重がかかり続けるからです。
ちなみに、張地というのは椅子やソファーなどの座面に張られている生地のことです。
張地が擦り切れてしまうと、見た目が悪くなるばかりでなく、座り心地にも影響してきます。
また、張地には布やレザーなど様々な種類がありますが、椅子の張地は張り替えをすることが可能です。
このように、張地が擦り切れたくらいでは椅子の寿命とは言えませんから、古くなった椅子も張り替えをすると新品のように蘇ることでしょう。
すぐに新しい物に買い換えると、金銭的にも大変です。長持ちさせて家計に優しい椅子を使い続けましょう。