欠かせない家具の一つ

家

椅子は、家具の一種です。
家具というのは、日常生活を送るために必要な道具です。
道具と言っても、かなり幅広い種類がありますが、家具というのは他の道具とは違い、同じ場所に設置して使うことがわりと多いものです。

例えば、家族で居間に集まると、なぜか自然とそれぞれの座るポジションが決まってくることがあるでしょう。
それと同じように、家具も部屋の中でポジションが決まっており、一度決めたポジションはそう簡単に変えることがありません。
もちろん、違う場所に移動したければ自由に移動していいのですが、椅子やソファーも家の中では自然と置き場所が決まってくるものなのです。

そして、椅子とお尻が接する面のことを座面と言いますが、座面には布やレザーなどの張地が張られていることがあります。
この張地が擦り切れてしまうと、中に入っているクッション材が見えてしまうようになります。
中に入っているクッション材が見えてしまうと、見た目も悪いですし、座り心地も新品の時より悪くなってしまいます。
しかし、椅子の張地は張り替えができますから、捨てるのではなく、修理に出して同じ椅子を長く使うことができるのです。

また、張り替えをする張地は好きなものを選ぶことができますから、もとと同じような張地にしてもいいですし、布からレザーへ張り替えをしてもいいのです。
なお、座面の張地だけでなく、背もたれの部分の修理もできますし、剥げた部分の塗装も行っています。
よって、原型をとどめている椅子であれば、修理に出すと元通り使える状態にまで戻すことが可能なのです。